留守宅家財盗難

留守宅家財盗難

この保険は、海外旅行中に起きた自宅での盗難の補償をするものです。
海外旅行といえば一般的に日本国内の旅行よりも長くなる傾向にありますし、特に海外旅行では国内旅行よりも手厚い補償にしておきたいものです。
ただ、この留守家財盗難というものは、家財に対する補償となっておりまして、有価証券やクレジットカードといったもの、自動車やバイク等、貴金属、パソコンやその中のデータ等については補償の対象外となっています。
少しでも海外旅行中の荷物は減らしたいですから、この全てを持った上で旅行に出る訳にはいきません。
別で盗難保険にも加入しておきなさいよというところでしょうか。この補償については、もう少し手厚くしてくれる保険があれば海外旅行保険を選ぶ際の基準の1つになるのではないかなと思っています。
またこちらは盗難にあった品物そのものだけでなく、盗難被害に遭い、その際に受けた破損の修繕費も保険の適用対象となります。
実際の補償の金額ですが、1点または1対のものに対して10万円となっている場合が多いようです。
保険の適用外となる場合として、屋外にあったものの盗難、親族や管理人等の関係者による盗難があります。
また、こちらは海外旅行が終了し60日以内に知る事ができなかった場合も補償の対象外となりますので、海外旅行から帰ってきた際は留守中何も異変がなかったか、家の中を1度点検しましょう。
もちろん故意によるものも適用対象外となります。盗難被害に遭っていないのに盗難があったとして申請すれば、それは立派な詐欺行為です。