海外旅行保険の主な保証内容

海外旅行保険の主な保証内容エントリー一覧

疾病治療費用

こちらは海外旅行中に病気にかかった場合、その治療にかかった費用を補償してくれるものです。対象になる場合は、海外旅行から帰ってきた72時間以内に、病気を発症した場合、そして治療や入院にかかった費用、さらに海外旅行先で、病状の説明等通訳をやとった場合にかかる費用が保障対象となります。こちらも傷害治療費用...

続きを読む

傷害死亡・後遺障害

これは簡単に言うと、海外旅行中の事故等によって死亡、または後遺障害が残った際の補償です。
死亡の場合はご自分への補償というよりは、残された家族への補償です。後遺傷害が残った場合でも、今後面倒を見てくれる家族のための補償、もし身寄りがない場合はその後の自分の生活を保障するものになりますので、何より手厚...

続きを読む

疾病死亡

こちらは海外旅行中に病気にかかり死亡した場合の補償です。補償の対象となる場合は疾病治療費用の時と基本的に同様です。海外旅行中はもちろん支給の対象となりますが、海外旅行から帰ってきた後、そして海外旅行に出発する前に発症していた場合でも補償の対象となる場合があります。この場合、発症していた病気が海外旅行...

続きを読む

賠償責任

こちらは簡単に言うと、海外旅行中に自分が与えた損害を補償してくれるものです。通常の裁判では損害賠償と言われるものですね。海外旅行中に偶然の事故などでものを壊してしまった、または他人に怪我を負わせてしまった等、その過失の責任が自分にある場合に、補償されるものとなっています。例えば海外旅行中に車を運転中...

続きを読む

救援者費用

海外旅行の旅行行程中に遭難、入院した場合に、その親族が負担する捜索救助の費用、さらに救援者を現地に派遣するための交通費等の費用、さらに救助者を救助する際にかかった移送費用等を負担する補償です。海外旅行では現地の大自然(秘境、オーロラ、ビーチ等)を堪能しに行く場合も多いかと思われます。こういった大自然...

続きを読む

携行品損害

海外旅行中、旅行者が身につけているものにかかる保険です。衣服や腕時計といった身につけるもの、バッグやその中身、さらに旅行券や宿泊券等もその補償対象となります。ただ、常に身に付けているものの中でも補償されないものがあります。財布自体は補償の対象となるのですが、現金や小切手、クレジットカードといったもの...

続きを読む

入院一時金

海外旅行中に怪我や病気で入院した場合に適用される保険です。こちらはその名の通り一時的に支払われるもので、実際に総合してかかる費用は傷害治療費用、疾病治療費用、傷害死亡・後遺障害費用、疾病死亡費用から賄われます。また、こちらは2日以上連続して入院する場合となっており、日帰りに入院の場合には適用されませ...

続きを読む

航空機寄託手荷物遅延費用

これは読んで字の如く航空機が悪天候や非常事態によって遅延が発生し、それによって荷物の到着が遅れた場合にかかった費用が補償されます。実際に手荷物を配送する費用ではなく、その遅延した手荷物が届かなかったことによって発生した費用のことですね。具体的には、スーツケースが丸々遅れたので着替えがなかったので衣服...

続きを読む

航空機遅延費用

読んで字のごとく、飛行機が遅延した際に発生した場合にかかった費用の補償です。こちらは手荷物の遅延によって発生した費用の補償ではなく、目的地において受ける予定であった宿泊サービスや、食事代、そして実際に遅延により別の宿泊施設へ移動する際にかかった移動費も含まれます。また、この適用対象は自然災害に代表さ...

続きを読む

留守宅家財盗難

この保険は、海外旅行中に起きた自宅での盗難の補償をするものです。海外旅行といえば一般的に日本国内の旅行よりも長くなる傾向にありますし、特に海外旅行では国内旅行よりも手厚い補償にしておきたいものです。ただ、この留守家財盗難というものは、家財に対する補償となっておりまして、有価証券やクレジットカードとい...

続きを読む

緊急一時帰国費用

これは家族が死亡した場合や危篤となった場合に、予定していた便ではなく緊急で一時帰国をする際にかかった費用の補償です。この一時帰国にかかった際の宿泊費も補償の対象となりますが、さらに一時帰国し再び海外旅行先に戻る際の往復分の交通費も負担となります。私はこの緊急一時帰国費用を、「緊急というのは国際情勢や...

続きを読む